ITエンジニアが利用するには

ネットワークエンジニアについて

ITエンジニアが利用するには 「ネットワークエンジニア」とは、複数のコンピューターを接続し、ネットワーク通信をつかったシステムを作成する仕事です。
この仕事だけではありませんが、正社員として働くか契約社員として働くかを選ぶことができます。
個人の価値観、所属する会社、出会えた仲間などにもよるので、どちらがよいのか悪いのかはいいかねますが、給料や与えられる仕事の面ではどのような違いがあるのでしょうか。
正社員として働く場合のメリットとしてまず挙げられるのが派遣社員に比べて重要度の高い案件を任せられるという点でしょう。
ネットワークエンジニアに限ったことではありませんが、やはり技術やスキルがアップするような仕事は、企業としても正社員に任せたいと思うのが当然だといえるでしょう。
さらにメリットとしていえるのが充実した教育制度を受けられるという点でしょう。
正社員でしたらキャリアアップのための講習費用や試験費用を出してくれるので、この点でも派遣社員とはかなりの違いがあります。
では正社員のデメリットとしてはどのような点があるのでしょうか。
まず必ずしも自分のやりたい仕事をやらせてもらえないことがあり、社員の場合、基本的に人事異動にもさからえません。
さらに給料に関しても始めたばかりの時には派遣社員よりも低い場合があります。
とくに残業代が支給されない場合には、残業代が支給される派遣社員との差は大きくなります。
代わって派遣社員のメリットとしてはどのような点を挙げることができるのでしょうか。
ひとつとしては、自分のやりたい仕事を詳細に選べるという点があります。
またスキル次第ではあるものの、場合によってはかなり高収入の案件もあります。
残業代をいれると月に45万円から60万円というような求人も珍しくありません。
しかしこのような派遣社員も40代になってくると派遣社員では難しくなります。
30代後半になってくると、やがて技術力よりもマネージメント能力が求められてくるというのが派遣社員のデメリットです。
場合によっては派遣先で年下の社員から指示を受けたり、納得のいかない仕打ちを受けるかもしれません。
このように総合してみますと20代から30代は派遣社員でスキルやキャリアアップを図り、30代後半になってからは正社員として落ち着くというのが、もっとも効率的だといえるかもしれません。
しかし派遣会社や企業にもさまざまな種類がありますので、まずどのような会社なのかを把握することが肝心です。